イ・サン-韓国ドラマ-43話・44話・45話-感想-動画-最終回

イ・サン-韓国ドラマ-43話・44話・45話-感想-動画-最終回




PR無料動画




yisan-top.jpg




全体のあらすじ、キャスト、相関図などを、記事にまとめています。
気になる方はこちら





相関図


yisan-soukanzu15-44.jpg





スポンサードリンク









各話あらすじ


イサン-43話-あらすじ


第43話 「洗い流された汚名」 

英祖(ヨンジョ)から宮殿に呼ばれた貞純(チョンスン)王妃は、やはり今回も自分は許されるのだと喜び勇んで王のもとへ赴く。
だが王妃を待っていたのは、位を剥奪し平民に降格するという宣旨だった。
必死で弁解しようとする王妃だったが、今度ばかりは英祖も全く聞く耳を持たず、王妃は王宮殿を追い出される。
王妃が去った後、英祖はもう一通サンへの譲位の宣旨を下すのだが…。
貞純王妃の処罰の噂はたちまち宮中に広まる。
それを耳にし、動揺するファワンとチョン・フギョム。
さらに、サンがキム・ギジュや親衛隊の指揮官らに下した予想外に軽い処分が王により撤回されたと聞き、重臣たちは、次は我が身かと震え上がる。
一方、図画署は、サンが王位に就いたらソンヨンは側室として迎えられるだろうという噂で持ち切りだった。




イサン-44話-あらすじ


第44話 「形見の指輪」 

英祖(ヨンジョ)が突然、王宮殿から姿を消した。
知らせを聞いたサンが寝殿へ駆けつけると、そこにはきれいに畳まれた王の衣装が。
「死に場所は決めてある」と言っていた英祖の言葉を思い出し不吉な予感を覚えたサンは、急いで宮殿中の内官や女官に英祖を捜させる。
だが英祖の姿はどこにもない。 そのころ英祖は身分を隠し、市場の様子を見て回っていた。
そしてそのまま自らの生家へ赴き、密かにソンヨンを呼び出して、あることを頼む…。




イサン-45話-あらすじ


第45話 「即位の日」

いよいよサンの即位式が目前に迫った。
チョン・フギョムたち老論(ノロン)派の重臣が大金を払ってサンの暗殺を依頼した刺客は、宮殿の丹青を補修する職人に扮し宮中に侵入。
だが、彼がこっそり剣を隠しているところへ、たまたまサンが通りかかり、何をしているのかと問い詰められる。
場所を間違え迷い込んだと取り繕い、怯えてみせる刺客。
ナム・サチョは捕らえるよう兵士に命ずるが、彼が足が不自由なふりをしたのを見たサンは、大したことではないと刺客を放免してしまう。
その頃、老論派の重臣たちが田畑を売り払ってまで大金を集めていることを知り、怪しんだホン・グギョンは、テスたちを連れ、重臣たちの様子を探っていた…。




あらすじまとめと管理人の感想


英祖は貞純王妃を呼び、位を剥奪し、平民に落とすと言う。
許してもらえると思っていた貞純王妃だったが、驚き言い訳をするが、さすがに今回は英祖も許さない。

更に英祖は譲位する旨をサンに伝えるがそれを受けない。
それならば王に代わって政治をする摂政に任命する。
やっと貞純王妃も終わりだなーと思ったけれど、サンはなかなか実行しません。
サンなりに考えがあるのでしょうが、見ているこっちはヤキモキします。
この事を噂で聞いたファワンや老論派たちは次は自分が裁かれる番だと戦々恐々です。

嬪宮は恵嬪にソンヨンが今回もサンを救ったと話す。
嬪宮はサンの傍にソンヨンがいるべきではないかと考えていた。

そんな中、英祖がいなくなる。
サンは心配して臣下に探させるが、英祖は生家にいた。
そこへソンヨンを呼んで亡き思悼世子の肖像画を書かせる。
昔怒りにまかせて全ての肖像画を焼き払ってしまったので、サンに残してやりたいと考えたのだ。
その御礼に英祖の母の形見の指輪を渡す。

サンが駆けつけた時には英祖は息を引き取った後だった。
サンの即位式の準備が始まるが、フギョムはこれに乗じてサンの暗殺を企てる。
それに気づいたホングギョンはテス達と調査を始めるが……


最終回まで書いていくのでお楽しみに〜




無料動画



次話はこちら


韓国ドラマ-イ・サン-46話・47話・48話-感想-最終回



前話はこちら


韓国ドラマ-イ・サン-40話・41話・42話-感想-最終回







スポンサードリンク








オススメ韓ドラ