イ・サン-韓国ドラマ-37話・38話・39話-感想-動画-最終回

イ・サン-韓国ドラマ-37話・38話・39話-感想-動画-最終回




PR無料動画




yisan-top.jpg




全体のあらすじ、キャスト、相関図などを、記事にまとめています。
気になる方はこちら





相関図


yisan-soukanzu15-44.jpg





スポンサードリンク









各話あらすじ


イサン-37話-あらすじ


第37話 「失われゆく記憶」 

王、英祖(ヨンジョ)に会いに来たサンは、王のいる読書堂から出てきた王妃に出くわす。
サンの暗殺を企てた王妃は、英祖の計らいで公には罰せられなかったものの、二度と御所から出ぬよう英祖に命じられたはず。
英祖自身も二度と王妃に会うことはないと明言していた。
それなのに王妃は王に会ったことを隠そうともしない。
しかもサンは英祖に謁見を拒まれ、ますます困惑する。
一方、最近あまりに物忘れがひどい英祖は、自分が認知症ではないかと疑い始めていた。
だが主治医に診察させても、なかなか病名を明かそうとしない。そこへ王妃が現れ、代わりに病について答えると言われ…。




イサン-38話-あらすじ


第38話 「息子からの手紙」 

またも認知症の症状が出た英祖(ヨンジョ)が、政務報告会にいきなり怒りの形相で現れた。
チェ・ジェゴンの提案した思悼世子(サドセジャ)の墓所の補修の件でサンに当たり散らし、挙句の果てにはお前の父は誰かとサンを問い詰める英祖。
思いも寄らぬ英祖の振る舞いに、サンはもちろん、重臣たちも戸惑うばかりだ。
貞純(チョンスン)王妃は、これを絶好の好機と見て取り、この機に乗じてサンを失墜させようと目論む。
ホン・グギョンはサンに、状況から考えて英祖は認知症に違いないと告げ、その真偽を確かめにかかる。
一方、サンへの怒りを募らせた英祖は、王宮殿へのサンの出入りを禁じてしまう。
途方に暮れたサン。
そんな中、父が亡くなる前、英祖に見せるように言った絵のことを思い出す。




イサン-39話-あらすじ


第39話 「亀の岩の秘密」

ソンヨンが届けた亡き思悼世子(サドセジャ)の最後の手紙を読んだ英祖は、サンを呼び、人払いをすると、自分が認知症であることを打ち明ける。
そして、サンは我が息子である思悼世子の息子だと認め、自分は王位を退きサンに王座を譲ることを告げる。
突然のことに驚くサンだが、英祖は、今日中に譲位に必要な準備を整えると言い、思悼世子の最後の手紙をサンに渡す。
そこには世子が無実だったこと、そして英祖へのたったひとつの最後の願いが記されていた。




あらすじまとめと管理人の感想


自分が病気なのではないと気づきだした英祖。
医師を問い詰めるが、そこへ貞純王妃が来て英祖を守れるのは自分しかいないと訴える。
貞純王妃の言葉を信じてしまう英祖。
軟禁も解かれ貞純王妃は自由の身になる。
それを見て離れていた老論派も貞純王妃の元に戻りつつあった。

面白くないのはファワンだ。
彼女は貞純王妃の命令で老論派に追い出され、結局貞純王妃に泣きついた。
さて2人の対決は、最後はどちらが笑うことになるのか……?

英祖は認知症の影響で怒りやすくなっていた。
貞純王妃の陰謀で、サンは英祖に会えないこともあった。
英祖は息子の思悼世子(サドセジャ)が謀反をおこす夢を見るが、夢か現実かもはや区別がつかなくなっていた。
思悼世子についてサンにつらく当たることも…。
サンにとってはツラい時期です。

その窮地を救うのがソンヨンだ!
ソンヨンは英祖の認知症の改善のための手伝いをしていた。
サンから思悼世子の絵を見せてもらい、謎解きをしたソンヨン。
思悼世子の手紙を手に入れそれを英祖に渡すことに成功していた。
思悼世子に対する誤解が解けた英祖は、後悔の念に苛まれるも、思悼世子の子であるサンへ王位を譲る準備を始める。

それを阻止したい貞純王妃。
英祖かサンのどちらかを亡き者にするしかないと考えはじめる。
ソンヨンが大活躍!
英祖とソンヨンのほのぼのとした掛け合いも見ものです。


最終回まで書いていくのでお楽しみに〜




無料動画



次話はこちら


韓国ドラマ-イ・サン-40話・41話・42話-感想-最終回



前話はこちら


韓国ドラマ-イ・サン-34話・35話・36話-感想-最終回







スポンサードリンク








オススメ韓ドラ