【伝説の魔女】韓国ドラマ31話・32話・33話あらすじを最終回迄

動画

あらすじまとめと管理人の感想


婦人会長から樹液を譲り受け、健康的なパンを作ることを考案する。
とても美味しそうなヘルシーパンだった。
あのパンだったらヘルシーなので、食べてみたい。

そんな中、遂にウソクはスインにプロポーズをする。
二人の関係も順調にいき、「魔法のベーカリー」も落ちていた頃に比べ、良くなってきたのではないかと思う。
このまま何事もなく、みんな幸せに暮らしてほしいと思ったシーンだった。

一方で、エンナンは内緒事があり、意識不明のドヒョンを別荘に隠していたが、いきなりドヒョンが意識を取り戻す。
ドヒョンが生きている事を知ったジュラン達は、急いで別荘へ。
ジュラン達はドヒョンの姿を見て、驚きを隠せない様子ではあったが、生きていた事に嬉しそうだった。
いないと思っていた人が生きていたのって、こっちまで嬉しくなる。

同じ頃、スインとウソクは、30年前に起きた火災を調査する為に検察庁に向かった。
検察庁から帰る直前に、プングムから連絡がありドヒョンが生きている事実を聞いたスインは急いで病院へ向かった。
電話越しのスインの表情は、混乱しているようにも見えた。
まさかと思いながらも病院へと向かう。

体調がよくなったドヒョンは、この2年間スインの為に息をつないできたが、スインの変化を鋭敏に察知していた。
そしてスインが病室に忘れた携帯を見たドヒョンは、落ち込む事に・・・。
一体、スインの運命はどうなっていくのか!

最終回まで感想を書いていくのでお楽しみに〜











スポンサードリンク









「伝説の魔女〜愛を届けるベーカリー〜」の全体のあらすじキャスト、相関図などを、まとめ記事に掲載しています。
動画も載せているのでご覧ください〜





伝説の魔女〜愛を届けるベーカリー〜


  1. 管理人の感想

  2. 相関図

  3. 各話あらすじ

  4. オススメ韓ドラ











スポンサードリンク









相関図





※ネタバレ注意。管理人の感想は含まれていません。あらすじを知りたくない方は読まない方が良いです※

各話あらすじ


伝説の魔女〜愛を届けるベーカリー〜-31話-あらすじ


第31話 覚めた眠り

ウソクはエンナンから30年前の話を聞き、自分がジヌからウソクになったいきさつを知る。
婦人会会長からイタヤカエデの樹液をもらったスインは、樹液を使ったヘルシーなパンを作ろうと思い立つ。
そんな中、ウソクはスインに正式にプロポーズするのだった。
一方、エンナンにはさらに秘密があった。
それは2年前に死んだはずのドヒョン。
実はエンナンは意識のないドヒョンを別荘に隠していた。
だが突然、ドヒョンの意識が戻り…。




伝説の魔女〜愛を届けるベーカリー〜-32話-あらすじ


第32話 運命のいたずら

ドヒョンが生きていることを知ったジュランたちは急いで別荘に駆けつけ、ドヒョンはシンファ病院に搬送される。
テサンはエンナンを会社に呼びつけてなじるが、株主総会を中止すればドヒョンを隠した件を警察に訴えないと言い、取引を持ちかける。
一方ヨンオクに乗せられたジュランはついに多額の投資をすることに。
30年前の火事について調べるため検察庁に赴いたウソクとスイン。
その帰りにプングムからの電話でドヒョンの生存を知ったスインは急いで病院に向かう。




伝説の魔女〜愛を届けるベーカリー〜-33話-あらすじ


第33話 それぞれの2年

ドヒョンが生きていたことを知ったスインは神に感謝しつつも、恋人ウソクの気持ちを思って途方に暮れる。
ドジンはテサンが自分の実父ではないこと、エンナンがテサンに復讐しようとしていることを知る。
プングムはウォランからの依頼で、彼の妻を装って妹の結婚式に出席。
この2年間、スインのために命を永らえてきたドヒョンは、スインの変化を敏感に感じ取っていた。
そんななか、スインが忘れていった携帯を見たドヒョンは…。







スポンサードリンク









オススメ韓ドラ






公式HP