糟糠の妻クラブ-67話〜69話-韓国ドラマ-感想-最終回

糟糠の妻クラブ-67話〜69話-韓国ドラマ-感想-最終回



sokonotsuma.jpg






概要






あらすじ






相関図


sokonotsuma-sokanzu.jpg





スポンサードリンク









キャスト


キム・ヘソン(ハン・ボクス役)


Kim Hye.jpg




オ・ヒョンギョン(ナ・ファシン役)


Oh Hyon Gyon.jpg




オ・デギュ(イ・ギジョク役)


Oh Degu.jpg




アン・ネサン(ハン・ウォンス役)


Ann Nessan.jpg






各話あらすじ


糟糠の妻クラブ-67話-あらすじ


第67話 父と同じ功罪

幸せの切符を掴んだと思っていたギジョクだが、ナミの思わせぶりな言動が彼を悩ませる。
一方ギジョクの父ファサンは、ボクスとの同居を続けるために家族の機嫌をとろうと必死になる。
その姿に心を痛めるボクスだが、偶然母ヤンスンと父シマンとの同居を知ってしまう。




糟糠の妻クラブ-68話-あらすじ


第68話 ナミとの再会

父シマンが母ヤンスンの元に帰ってきたことに激怒したボクス。そのことをオクに相談するが、優しくなだめてくれるオクに更に惹かれるボクス。2人は、新しい人生へと1歩ずつ歩み始めていた。
そんな中ナミが突然病院へ運ばれ、オクの元に親友コン所長から電話が‥。




糟糠の妻クラブ-69話-あらすじ


第69話 あなたのそばで

ボクスにプロポーズしたオクは、親友のコン所長へ報告に向かう際、偶然にもナミと顔を合わせる事に。自分の子供を宿していることを知ったオクは新しい生活を目前に困惑する。
ストレスから円形脱毛症になった息子をダシに、ウォンスはファシンに近づこうと策略をたてるが‥。





あらすじまとめと管理人の感想


教授になる道を築きあげてきたギジョクに、ナミの登場により苦しむことになる。

一方、シマンがヤンスンの元に帰って30年ぶりに一緒に暮らしていることを知ったボクスは、怒りが込み上げてきた。
この怒りを愚痴としてオクに相談したが、オクの優しさに落ち着きを取り戻す。
このシーンを見ていると、付き合いたてのようなカップルの初々しさが感じられて、微笑ましくなる。

そんな中、ナミが病院に運ばれたとコン所長から連絡が入る。
遂にオクはボクスにプロポーズをして、2人の人生は再び幸せの方向に動き出そうとしていたが、結婚の報告をしようとコン所長に会いに行くと、たまたまナミと遭遇してしまうのだ。
そこでナミのお腹の子が自分の子供であると知ってしまうオクは困惑してしまう。
いきなり元嫁から、妊娠したと報告されるオクの気持ちはさぞ衝撃的だったであろう。
オクの性格からいくと、責任を果たそうとするのだろう。

一方、ファシンに対して執着心を持つウォンスは、ストレスのせいで円形脱毛症になってしまったチョリを理由にファシンと接近しようと考えた。
息子を第一にしているファシンにとって、会わないわけにはいかない。
ウォンスの常識をこえた行動に、すこし怯えて話を見てしまっていた。


最終回まで書いていくのでお楽しみに〜




次話のあらすじはこちら


糟糠の妻クラブ-韓国ドラマ-70話~72話



前話のあらすじはこちら


糟糠の妻クラブ-韓国ドラマ-64話~66話






スポンサードリンク









オススメ韓ドラ