【麗】韓国ドラマの19話・20話(最終回)を感想、キャストなどをお届け

動画




あらすじまとめと管理人の感想


光宗がチェリョンを拷問するよう指示し、その末死んでしまう。
ヘスはショックを受けてしまう。
チェリョンはヘスを監視するよう第9皇子ウォンが送り込んだスパイだった。
だから拷問したと主張する光宗だったが、チェリョンに支えられて生きてきたヘスの心には届かない。

ヘスはウォンにチェリョンの死を伝えるがなんとも思わないウォンに怒りを覚える。

光宗はヨンファに条件をつきつける。
ウクを諦めればヨンファの子を世継ぎにするというものだった。
光宗はヘスを皇后に冊封すると言うがヘスは拒否する。

ヘスは王宮を出て第14皇子ジョンの元へいく。
まだ光宗を愛している事を察したジョンは、表面上の婚姻をして友人のように過ごす。
光宗への愛しさを募らせるヘス。
さらにヘスとジョンは、ヘスが光宗の子を宿していることに気づく。

ヘスとジョンを探らせる光宗は嫉妬にかられ、自ら変装して確かめに行くが、仲睦まじい二人を見てしまう。

ヘスは女の子を出産するが、そのまま息絶えてしまう。
次に目を覚ましたらそこは現代…コ・ハジンに戻っていた。

ジモンがなにやらキーパーソンになりそうですね?
最後は悲しい別れになってしまうのでしょうか?
歴史はどうなるのか?


最終回まで先が読めない展開でした…












rei-top.jpg





全体のあらすじキャスト、相関図などを、記事にまとめています。
気になる方はこちら




相関図


rei--Relationship.jpg




スポンサードリンク









※ネタバレ注意。あらすじを知りたくない方は読まない方が良いです※

各話あらすじ


麗-19話-あらすじ


19話

ヘ・スはチェリョンの死に衝撃を受ける。光宗がチェリョンを拷問するように命じたと知ったヘ・スは光宗に反発を覚える。

光宗はチェリョンがヘ・スをだましたから拷問したと正当性を主張したが、ヘ・スを説得するには及ばなかった。
一方、野心でいっぱいのヨンファは光宗の提案を受け入れる。

その内容は第8皇子ワン・ウクを捨てればヨンファの息子を正胤にするというものだった。
ヘ・スはチェ・ジモンに、チェリョンの家族に遺品を渡してほしいと頼む。第9皇子ワン・ウォンにチェリョンの死を伝えるが、あまりにも平然とした態度にヘ・スは怒ってしまう。
光宗はヘ・スに皇宮で冊封すると言うが、ヘ・スはその必要はないという。

こうしてヘ・スと光宗の関係は徐々に溝が深まっていき……。




麗-20話-あらすじ


20話

光宗に傷つけられたヘ・スは結局、皇宮を離れて第14皇子ワン・ジョンの私邸へ行く。

ジョンは婚姻していたが、相変わらずヘ・スが光宗に思いを寄せていると知っていたため、友達のように過ごすと約束する。

そしてヘ・スがくれたかんざしと手紙をくれる。

手紙は光宗がヘ・スに書いてくれた漢詩だ。
光宗への恋しさでたまらないヘ・スだったが、体調の異変を覚えて医員に診察を受ける。ここでヘ・スの妊娠を知ったジョン。

ヘ・スは光宗の子を身ごもっていたのだ。
夫婦と言ってもおかしくないほど親しく過ごしていた2人の様子を探っていた者がいた。

光宗はジョンとヘ・スが親しく過ごしていると知って怒りに震える。
居ても立っても居られなくなった光宗は変装して2人の様子を探りに行き、仲睦まじい姿を見せつけられてしまう。





前話のあらすじはこちら


麗-韓国ドラマ-16話・17話・18話



動画






スポンサードリンク









オススメ一覧