韓国ドラマ-ホジュン~宮廷医官への道〜-10話〜12話-感想-最終回

韓国ドラマ-ホジュン~宮廷医官への道〜-10話〜12話-感想-最終回



1-3.jpg

概要


話数:全64話
放送局:KNTV
放送開始:2016年11月18日
出演:イ・スンジェ、チョン・グァンリョルほか


あらすじ


ホ・ジュンは、幼い頃から不遇な家庭環境で育った。
理由は、郡の長官の子供として生を受けたが、母親が、身分低い地位だったことにある。
そんな環境だったことが一因となって、ホ・ジュンは、知識の豊富さと勇気で、注目を集めていた。
が、自分の境遇を不満に思い、大酒をくらい酒に飲まれたり、女に耽溺する、密貿易行うなど、堕落した毎日を送っていた。

しかし、そんなホ・ジュンは、ダヒと巡り合い劇的に変化し、二人は互いに惹かれ合った。
ダヒには、反乱者として逃亡中という秘密があった…
その秘密が明らかになり、ホ・ジュンは、ダヒと彼女の父に協力した罪で、生まれ育った街を追い出されてしまう…

様々な土地を巡り、辿り着いた山奥で、ユ・ウィテと出会った。
ユ・ウィテは、清らかな心を持ち、裕福でない人たちに治療を行っていた。
その姿を見て、ホ・ジュンは今までの自分の人生をはじ、自分の力を捧げるにふさわしい物を見つける。
それからの、ホ・ジュンの死に物狂いの努力は凄まじかった。

やっとの思いで、医師のスタートラインにたった、ホ・ジュン。
しかし、その後の道のりも険しいものだった。
病院で、未来の好敵手ドジや、女医イェジンら、同期からいびられる辛酸を舐める日々が続く…

必死の思いで、医術の道にしがみ付くホ・ジュンは、ダヒと運命ともいえる再会をする。
ダヒと結婚し、今まで以上のパワーで、医療を極めたいホ・ジュンの元に、更なる試練が訪れる…
数々の試練を乗り越えて、名医となった男の生き様を描く長編時代劇。


2.jpg




スポンサードリンク








ホジュンファミリー来日 記者会見


キャスト


チョン・グァンリョル【ホ・ジュン役】


3.jpg


俳優になった後も長い下積み時代を過ごす。
1999年『青春の罠』で演技に注目が集まり、ホジュン役で主役に抜擢され一躍有名に。
柔らかい演技に定評がある。

出演作
『イヴのすべて』
『獄中花』
『ペク・ドンス』



ホン・チュンミン【イ・ダヒ役】


4.jpg


MBC公開採用タレントとしてデビュー。
色々なCMやモデルとしてマルチに活動。
09年の結婚後は活動を休業している。

出演作
『君に出会ってから』
『フンブの家が大騒ぎ』
『それでも好き』


各話あらすじ


ホジュン~宮廷医官への道〜-10話-あらすじ
≪第10話≫狂わなければ進めぬ道
老師のもとで医術を学び始めたホ・ジュンは、仕事が終わると山へ入り、明け方に家に戻る生活を送っていた。
言われなき汚名を着せられ、医員の道から遠ざけられたホ・ジュンは、悔しさを誰にも言えないぬまま一層執念を燃やし、取りつかれたように老師の教えに耳を傾ける。
一方、ドジとの仲を引き裂こうとするドジの母は、イェジンに年の離れた男との縁談を強要し、いづらくなったイェジンは家を出る決心をする。
やがて老師から卒業を言い渡され、何かお礼がしたいというホ・ジュンに対し、老師は「一度でいいから人間の腹の中を見てみたい」と言う。
それを聞いたホ・ジュンは――。



ホジュン~宮廷医官への道〜-11話-あらすじ
≪第11話≫初めての患者
深夜、ホ・ジュンの家を見知らぬ親子が訪ねて来た。
自殺未遂をして意識を失った娘を助けてほしいというのだ。仕方なく受け入れたホ・ジュンは、悪戦苦闘の末、無事に娘を生き返らせる。
初めて自分の力で人の命を救い、満足感に浸るホ・ジュンだが、やがて困ったことが起きた。
助けた家族がホ・ジュンの噂を町中に言いふらし、みんなが診療を受けにホ・ジュンを訪ねて来るようになったのだ。
断り切れないまま診療を行うことにしたホ・ジュンだが、やがて“ホ医員”の噂はユ医院にも届き、ホ・ジュンは仲間たちにさんざん痛めつけられた挙句、ユ・ウィテの前に引き出され…。。



ホジュン~宮廷医官への道〜-12話-あらすじ
≪第12話≫秘伝書
ユ・ウィテからじきじきに倉庫番に任命されたホ・ジュン。
喜び勇んで家に帰ると、ダヒがお産中で、元気な息子がホ・ジュンを迎えてくれた。
初めてユ・ウィテから認められ、医員に一歩近づいたホ・ジュン。
しかし、自分を差し置いて倉庫番になったことが許せない仲間たちは何かとホ・ジュンに楯突き、苦労が絶えない。
なかでも、一番の古株だったプサンポはどうにも我慢がならず、仲間からユ家に代々伝わる「秘伝書」があると聞くと、それを手に入れようと刃物を手にユ・ウィテの寝室に忍び込む。



管理人の感想


ホジュンは師匠、グァンイクの所で勉強をする日々を過ごす。
そんな時心筋梗塞を起こしたグァンイクを、ホジュンは習った鍼治療で救う。
ホジュンは医術のお礼をしたいと言ったが、お礼は出来ず、グァンイクは山を去ってしまった。
ある日、ホジュンの自宅を子どもを連れた両親が訪れ治療を頼む。
1度は断ったが、見捨てるわけにもいかず診察をすることに。
助かった娘の父が周囲にホジュンの腕を話し、噂は瞬く間に広まる。
ウィテもホジュンの診察簿を見て、素質を認め、薬材倉庫の管理を任せるが、それをよく思わない周囲から嫉妬され…

環境は悪くとも、ホジュンの頑張りがウィテに理解されて本当によかったです。
その分周りからの嫉妬は更にひどくなる一方ですが。
ドジもまた酒に溺れ荒れていましたね。
イェジンは家を追い出されてしまって2人はどうなるのでしょうか。
ダヒもホジュンの子どもを産み嬉しい時に、周りからの嫌がらせ。
それにも耐え、身分を捨ててまでホジュンの妻になったダヒは、素晴らしいですが、ダヒがいつか倒れるのではないかとこっちも心配になります。
このドラマ、周りにいい人が少ないですよね(笑)
ほとんどが敵みたいな感じですが、それを乗り越えてこそ、ホジュンの成長する力になっているのでしょう。

最終回まで書いていくのでお楽しみに〜


前話のあらすじはこちら


韓国ドラマ-ホジュン~宮廷医官への道〜-7話~9話のあらすじ

次話のあらすじはこちら


韓国ドラマ-ホジュン~宮廷医官への道〜-13話~15話のあらすじ

【期間限定】第1話無料視聴(日本語吹替版)










スポンサードリンク