【天国の階段】韓国ドラマ25話・26話・27話最終回の感想

動画



感想


結婚式のシーンは素晴らしい演出だった。
ソンジュはユリとの結婚式前日、「お世話になった人たちに感謝を伝えたい」とパーティを開く。
招待客がそろうと、「ここでチョンソと結婚する」と宣言する。
そこへ、何も知らないチョンソがテファにエスコートされて登場するのだ。

阻止しようとしたミラとユリは、テファとピルスに悪事を暴露される。

やっと結ばれたチョンソとソンジュ。
自分の役目は終わった、とテファは……。
思い出したら泣きそうで、これ以上書けない。

チョンソは視力を取り戻す。しかし、腫瘍はすでに転移していた。
絶望するチョンソ…ソンジュは思い切って、テファのことを告げる。

チョンソの変貌が感動的である。
最後まで精いっぱい生きると決意し、ソンジュとの時間を楽しむ。
心の中から憎しみや悲しみ、苦しみが消えていく。
ユリとミラを許し、穏やかに微笑みかける。

テファの遺作「天国の階段」が名誉ある賞を取った。
「私ほど幸せな人間はいない」とチョンソはつぶやく。

私はボキャブラリーが豊富ではないので、チョンソの状態を表現するのが難しい。
ソンジュとテファの愛で心が満ち足りて、澄んでいる。

最終回でチョンソに最期の時が訪れた。
大好きな海辺で、ソンジュに抱かれて彼女は眠りにつくのだった。










スポンサードリンク









全体のあらすじキャスト、相関図などを、まとめ記事に掲載しています。











相関図








スポンサードリンク








※ネタバレ注意。感想は載せていません

各話あらすじ


天国の階段-25話-あらすじ


25話

手術を控えたチョンソが入院していることを知り、ユリはこれで自分とソンジュが結婚できると思い込む。
ソンジュはチョンソと結婚するための準備をしていたのだ。
ソンジュから結婚式の招待状が届いたミラとユリは、ユリとソンジュの結婚式の前祝いだと勘違いをして会場に行く。
ところが、招待客の前でソンジュはチョンソとの結婚を宣言する。
ミラは結婚式をぶち壊そうとするが、そこへテファが現れ、5年前の交通事故のことを暴露した。
ユリは事情聴取のため警察に連行され、ミラもピルスの告発により贋作流通の嫌疑で逮捕される。
ソンジュとテファの願いどおり無事に結婚式を終えたソンジュとチョンソは、新婚生活を始める。




天国の階段-26話-あらすじ


26話

友人たちと結婚祝いのパーティを自宅で開いていると、チョンソがまた倒れてしまう。
病院でがんの転移は見られないと言われるが不安になるソンジュ。
チョンソは角膜移植をすれば一時的に視力が戻るため、ソンジュ自身がドナーになると医者に訴えるが、生きている人間からの提供は受けられないと断られてしまう。
テファも同様のことを医者から告げられ、ある決心をする。
そしてテファは、チョンソにパリに渡航するつもりだと告げる。
チョンソに角膜のドナーが現れ、手術は成功し視力が回復する。
ソンジュは、そのドナーがテファであることを知っていたが、チョンソには秘密にしていた。




天国の階段-27話-あらすじ


27話(最終話)

チョンソは視力が戻ったことにより、新しい仕事も始める。
ところがある日、また体に異変を感じて病院で検査をすると、がんが脳へ転移していた。
手術や治療で回復する見込みは少ないと告げられ、ソンジュとチョンソは絶望する。
かたくなに治療を拒むチョンソに、ソンジュは角膜のドナーがテファであることを告げ、なんとしても生き続けなければいけないと説得する。
しかし、チョンソは残された時間をソンジュとの美しい思い出作りのために過ごしたいと提案し、ソンジュはそれを受け入れる。
チョンソのもう一つの夢だったテファの作品「天国の階段」が公募展で入選し、2人は思い出の詰まった海の見える家へと向かう。




動画




オススメ!韓ドラ








スポンサードリンク








公式HP