【天国の階段】韓国ドラマ1話・2話・3話あらすじ、感想歌動画

動画



感想


幻想的で美しい冒頭シーンから一転、陰湿なイジメに耐える少女の物語になる。
恋愛ドラマではないのか?と戸惑った。

主人公チョンソをいじめる義母ミラの存在感が強すぎる。
始めは(ちょっとわざとらしいけど)優しかったのに、ある時を境に豹変する。
「お母さんと呼びなさいっ」と言いながら連続ビンタするシーンの迫力!

それに比べたら、ミラの連れ子ユリのイジメなんてかわいいものだ。
チョンソに張り合って、一生懸命お嬢様ぶったり、チョンソとソンジュの間に割り込もうとしたり。

あくまで私の印象だが、ユリはソンジュに恋をしただけだと思う。
暗くてじめっとした裏町で育った少女の前に、かっこよくて優しくてお金持ちの男の子が現れたら、好きになるのは当然だ。

ミラのもうひとりの連れ子・テファも事情は同じ。
母にうとまれる孤独な少年は、優しく接してくれたチョンソを好きになる。
チョンソはミラの策略によって孤立していたから、テファの寂しさがわかる。
だから、放っておけない…。
「誕生日を祝ってもらったのは初めてだ」なんて、どんな生活だったんだ。

ユリもテファも、自分の気持ちを伝える方法がわからない。
ユリはミラにそそのかされるまま、チョンソを蹴落としてソンジュを手に入れようとする。
テファは「好きだ、好きだ」とゴリ押しする。

「チョンソとソンジュの、お互いを思う気持ちは変わらない」
この前提がなければ、観ているのがしんどい展開なのだった。

最終回まで感想を書いていくのでお楽しみに〜










スポンサードリンク









全体のあらすじキャスト、相関図などを、まとめ記事に掲載しています。











相関図








スポンサードリンク








※ネタバレ注意。感想は載せていません

各話あらすじ


天国の階段-1話-あらすじ


1話

病気で母親を亡くしたチョンソと交通事故で父親を亡くしたソンジュ。
二人は楽しいときも悲しいときも全てを共有できる幼なじみだった。
有名な建築家でもあるチョンソの父親、ハン教授はパーティで出会った女優のミラと再婚することに。
ところが、ミラには服役中だったピルスとの間にテファとユリという隠し子がいたのだ。
新しい家族5人での生活が始まるのだが、ユリは何不自由なく幸せに育ってきたチョンソを妬み、家でも学校でも陰湿ないじめをする。
母親となったミラも徐々に本性を現し、チョンソに冷たく当たり始める。
そしてチョンソとソンジュの仲を知ったユリは嫉妬にかられソンジュを振り向かせようとたくらむ。




天国の階段-2話-あらすじ


2話

ミラとユリによる執拗ないじめは続き、チョンソは彼らの策略によって留学を断念させられる。
ソンジュ1人がアメリカへ旅立つことになった出発の日、チョンソはユリに屋根裏部屋に閉じ込められてしまうが、テファが鍵を開けて助けてくれる。
何とか空港で落ち合えた二人は、お互いの気持ちを確認し、対になっているネックレスをそれぞれの首にかけて別れを惜しんだ。
チョンソは助けてくれたお礼にテファに優しい態度をとるが、今まで誰からも愛情を受けたことがないテファは、チョンソへの思いをどうしたらよいかわからないでいた。




天国の階段-3話-あらすじ


3話

チョンソはミラとユリの嫌がらせに加え、父からも誤解され孤立していく。
チョンソに好意を持ったテファは学校でも家でもチョンソに愛を伝え、チョンソを困惑させる。
家族に心を開けないテファはますます孤立を深めていくのだが、同時にチョンソへの愛情表現もエスカレートしていく。
ソンジュへの満たされない恋心とは裏腹に、テファのゆがんだ愛に思わず心を許してしまうチョンソ。
チョンソへの愛を確実にしたいテファの気持ちを知ったユリは、ミラと結託して、テファとチョンソとの距離を縮める策を講じていく。




動画




オススメ!韓ドラ








スポンサードリンク








公式HP