【ジャイアント】韓国ドラマ1話・2話・3話のあらすじ、感想動画

動画


あらすじまとめと管理人の感想


1970年のある日、12歳になるイ・ガンモは、密輸された金塊に気づき父親のデスに知らせる。
父のデスは、軍の保安隊班長チェ・ピリョンにその事実を報告する。
初めから少し難しいお話なのかと感じた。
しかし、内容は面白そうなドラマだと思った。

金塊の話を聞いたピリョンは金塊を奪う計画を立て、万宝建設社長であるファン・テソプを誘う。

一方、同い年の少女と出合ったガンモは、ジョンヨンの生き別れの母親探しの手伝いをする事になる。
生き別れの母親を見つける事が出来るのか今後の見所でもある。
又、ガンモは心優しい子なんだなと感じた場面でもあった。
見つかってほしい・・・

しかし、偶然にもガンモらがいる宿にいたジョンヨンの母ギョンオクがおり、ガンモの母やジョンヨン等の財布を盗むも財布の中にあった写真を見て自分の娘である事に気づくギョンオク。
自分の娘だと知ったギョンオクは、部屋にヒーターを設置するよう依頼するが、ガンモの母親が練炭が原因で、一酸化炭素中毒で死亡してしまう。

母との再会は早かった。
まだ娘であるジョンヨンはその事を知らない。
母ジョンオクは、自分が母だと打ち明ける日が来るのだろうか。

母をなくしたガンモは、幼い妹ミジュと生まれたばかりの弟ジュンモを連れ親切なお世話になる事に。
ガンモも母親を亡くして辛いはずなのに、しっかりと妹と弟の事を思い、ガンモなりにお世話をきちんとして凄いと思った。

最終回まで感想を書いていくのでお楽しみに〜











スポンサードリンク









「ジャイアント」の全体のあらすじキャスト、相関図などを、まとめ記事に掲載しています。
動画も載せているのでご覧ください〜













スポンサードリンク









相関図






※ネタバレ注意。感想は含まれていません。あらすじを知りたくない方は読まない方が良いです※

各話あらすじ


ジャイアント-1話-あらすじ

第1話 

1970年、12歳のイ・ガンモはある日、密輸した金塊の存在を知り父親のデスに教える。
デスは軍の保安隊班長チョ・ピリョンにその事実を報告。ピリョンは金塊を奪う計画を立て、金策に奔走する万宝建設社長ファン・テソプを誘い込む。
運転手を殺して金塊を奪うように言われたテソプだが、実行の日、運転手が親友のデスだと知り殺すことができない。
駆けつけたピリョンはためらうことなくデスを銃殺。
助手席で一部始終を目撃したデスの長男ソンモは逃げ帰り、一家は取る物も取りあえず列車に乗る。
だが、追っ手が迫り、ソンモは囮になって走る列車から飛び降りる。
ガンモと幼い弟妹は母と旅館に身を隠すが…。




ジャイアント-2話-あらすじ

第2話

同い年の少女ジョンヨンと出会ったガンモは、彼女の生き別れの母親捜しを手伝うことに。
偶然にもガンモらがいる旅館に同宿していたジョンヨンの母ギョンオクは、ガンモの母やジョンヨンの財布を盗む。
盗んだ財布の中にあった写真を見て、自分の娘だと知ったギョンオクは彼らの宿代を払い、部屋に暖房を入れるように宿の主人に頼む。
だが、暖房の練炭でガンモの母とギョンオクは一酸化炭素中毒となり病院に運ばれ、ガンモの母は亡くなってしまう。
その頃、ソンモは瀕死の重傷を負って倒れているところを米軍のハンプトン准将に助けられ、回復後、記憶喪失を装って米軍基地で雑用係として働き始めていた。




ジャイアント-3話-あらすじ

第3話

奪った金塊を金に換えて政府に上納し出世を目論むピリョンは、共和党議員オ・ビョンタクからベトナム戦争に関する米軍の機密文書を奪取するよう指示され、ハンプトン准将を基地に訪ねる。
父の仇ピリョンと遭遇するソンモだが、ピリョンは彼に気づかない。
母を亡くし、幼い妹ミジュと生まれたばかりの弟ジュンモを抱えたガンモは親切な夫婦の世話になり、兄が別れ際に「ソウルで一番高いビルの前で月末に会おう」と言った言葉を支えにしていた。
ソンモも弟妹たちとの再会を楽しみにしていたが、当日ソンモは文書を奪おうとするピリョンの部下を見て彼の後をつけ、ケガを追わされて意識を失ってしまう。




動画






スポンサードリンク









オススメ!韓ドラ





公式HP