韓国ドラマ-福寿草-136話〜138話-感想-最終回

韓国ドラマ-福寿草-136話〜138話-感想-最終回





0.jpg




概要


話数:全144話
放送局:BS朝日
脚本:ヨ・ジョンミ
演出:チェ・ウンギョン
出演:イ・ユリヒョン・ウソンユン・アジョンチョン・チャン




あらすじ


ヒロインのヨナは、愛する男性と一緒になれ順風満帆な人生を送っていた。
娘の幸せな姿に影響されたのか、ヨナの親が再婚することに。
その時のヨナは気にも止めていなかったが、これが足元から幸せが崩れていく予兆だった…

再婚相手連れ子がいたため、ヨナには腹違いの妹ができた。
ヨナは、この妹によって、愛していた男性の家族を殺した、という完全な濡れ衣を着せられてしまう。
最初は、何が起こったのか信じられず、「ひどい冗談だ」と思っていたヨナだったが、次第にその濡れ衣が真実として扱われてしまい、逮捕されてしまう。
この事件によって、ヨナは、恋人も仕事も夢も、母親も失ってしまった…

3年間の服役を終えたヨナは、自分の無実を明らかにする、そしてこんな目に合わせた奴らに復讐するという、冷酷な復讐心で満ち溢れていた。
ヨナは、復讐の心に身を任せ、冷酷な復讐劇を開始する。

2012年に韓国で放送され、「一度見たら次回が気になって仕方がない! 目を離せない!」と一躍話題になった。
登場人物それぞれの愛憎に満ちた表現と、物語の展開の早さが人気を呼び、23週連続でケーブルTVの同時間帯の視聴率1位を獲得した。
ツライ事や苦しい事を耐えて、そんな状況を突き破り幸せを掴んでいくヒロインのイ・ユリの姿が、寒い季節に耐え氷を突き破って咲き誇る「福寿草」をモチーフにしている。

英語表記は、Adonisで、花言葉は、「幸せを招く」「永久の幸福」「悲しき思い出」である。
尚、日本の長野県には、同名の湯の宿があったり、小林幸子さんが福寿草という曲名で歌詞を発表していたりと、ゆかりがある言葉である。




相関図


1.jpg




スポンサードリンク











キャスト



イ・ユリ 【ソル・ヨナ役】


2.jpg

コメント動画


母の再婚をきっかけに人生が大きく変化したヒロイン。
障害を持つ妹と2人で暮らしている。
亡くなっている実父の借金を背負っており、返済に追われている。
恋人のユンジェが社長を務める会社に勤めている。

『出演作品』
最強配達人
あなたの女
きらきら光る




ヒョン・ウソン 【ハ・ユンジェ役】


3.jpg

ヨナの恋人でジェイ化粧品の社長。
大学時代にヨナと知り合い交際している。
父の再婚相手の母親とおりが合わず、学生時代は荒れていた。
現在は父の後を継いで社長の重役を担っている。

『出演作品』
可愛いあなた
偽りの雫
嵐の女




ユン・アジョン【チェ・ユラ役】


4.jpg

ユンジェの幼馴染で、ユンジェを一途に思い続けている。
祖母の過保護な育て方の影響か、わがままな性格。
ヨナに嫉妬し、陥れようと画策する

『出演作品』
我が家の女たち
バラ色の恋人たち
誘惑





チョン・チャン【チェ・ガンウク役】


5.jpg

ユンジェの義兄。
会社を乗っ取ろうと暗躍する母に呼び戻された。
ヨナと同期入社。
心を閉ざし打ち解けた様子を見せない

『出演作品』
婿殿オ・ジャクトゥ
プロポーズ大作戦
愛はぽろぽろ




各話あらすじ


福寿草-136話-あらすじ

第136話:「息子を我が胸に」

ユンジェは、ユラが「金銭的支援している」という子どもの正体がテヤンであることを突き止め、イギリスへ向かおうとしているテヤンを捜すため空港に車を走らせる。
しかし、すんでのところでパク刑事が到着し、ユラとテヤンを連れだした。




福寿草-137話-あらすじ

第137話:「放送決定」

テヤンが生きていることを知ったヨナとユンジェは、ユラの祖母に激しく詰め寄る。
祖母はユラにテヤンを連れてくるように電話で説得するが、ユラは承知しない。
そんな中、ついに暴露番組の放送が決まり…。




福寿草-138話-あらすじ

第138話:「破られた約束」

ユラは、「暴露番組の放送を中止し、事故の証拠品をこちらに引き渡せばテヤンを譲る」とヨナに取引を持ちかける。
それに応じ、テヤンがいると聞いた別荘に向かったヨナだったが、そこにいたのはテヤンの養母だった。
テヤンの姿は、すでに消えていた。





管理人の感想


ユンジェは、ユラが支援している子供が死んだはずのテヤンであるということを知り、海外へ旅立つ前に空港に救いに向かう。
…が、一足早くパクに二人を連れ出されてしまう。

失意のユンジェであったが、テヤンが生きていると知りヨナとともに、ユラの祖母に激しく問い詰める。
祖母はユラを説得しようとするが、失敗する。

そんな中、インソクの暴露放送が始まる。
インソクの暴露放送をやめれば、テヤンを解放するという要求を飲むヨナだったが、約束は破られる…

遂にユラがテヤンの影を見つけました!!
しかし、あと一歩のところで手が届きません…

見ているこっちがもどかしくなるような展開に、思わず引き込まれてしまいました。
ユラの祖母も、流石にユラの味方は出来ず、説得を試みました。
やっぱりユラの祖母も母親だから、ヨナの気持ちがわかるんだろうなぁ、と思って見ていました。

ユラももう作戦とかはないけれど、唯一自分の盾になるテヤンを失えないと意固地になってるのかな。
パクは、今助けてもどうにもならないだろうと思ったんですが、最後の悪あがきですかね。

いよいよクライマックスという感じで興奮が止まりません!!
果たして、テヤンは無事にヨナの元に戻るのか!!?

インソクの不正は暴かれるのか!!?
そして4人の恋の行方は!!?
次回に期待です!!

最終回まで感想書いていくのでお楽しみに〜




前話のあらすじはこちら


韓国ドラマ-福寿草-133話~135話のあらすじ



次話のあらすじはこちら


韓国ドラマ-福寿草-139話~141話のあらすじ






オススメ一覧








スポンサードリンク