【張禧嬪】韓国ドラマ61話・62話・63話、あらすじ動画、相関図

動画


感想


チェ氏は「淑媛」となった。

今回は、なんともあっさり承認されたものだ。
チェ氏は、オクチョンより身分が低いのに。

一説では、「水汲み女」だったといわれている。
宮中で最下層の雑用係のことである。
名前さえ残っていないのだ。

オクチョンに対抗できるのなら、誰でもいいと。
背に腹は代えられないと。
そういうことなのか。

粛宗は足繁くチェ淑媛のもとに通う。
その度に淑媛は、仁顕王后の復位を頼んだ。
次第に粛宗もその気になる。

何もかもがオクチョンとは正反対のチェ氏。
粛宗も、気楽に接しているようだ。
周囲と波風立てることもない。

願うのは、「仁顕王后様を復位させてください」だけ。
受けた恩を忘れない、健気な娘に見えるだろう。

西人派は、廃妃復位と政権奪還のため決起しようと決める。

オクチョンのほうは、ヒジェに淑媛殺害を依頼した。

実行犯がヒジェでは、たぶん失敗する。
密かに、とか、闇に紛れて、というのが苦手そうだ。

西人派の動きに気づいた南人派は、西人派の者を捕らえて尋問する。
チュンテクはわざとつかまり、尋問の場で廃妃復位を訴えようとする。

同じ頃、粛宗に「淑媛の殺害計画がある」という上奏文が届く。

結末気になりますね!
最終回まで感想を書いていくのでお楽しみに〜








スポンサードリンク





全体のあらすじ、登場人物やキャスト、相関図、動画、 評価などを、まとめ記事に掲載しています。








相関図・キャスト


chanhibin-chart.jpeg
chanhibin-chart.jpeg

スポンサードリンク




※ネタバレ注意。評価や感想は載せていません

各話あらすじ


張禧嬪(チャン・ヒビン)-61話-あらすじ

61話 私一人のもの

混乱の火種を消すにはチェ淑媛(スグォン)を殺す以外に方法はないと判断した王妃チャン・オクチョンは、兄であるヒジェを呼び、殺害するよう命じる。足しげく通う粛宗(スクチョン)をチェ淑媛は迎えながら、幾度となく廃妃の復位を口にする。こうして西人(ソイン)派による廃妃復位の動きが水面下から浮上し始める。王妃の命令に背くことができないヒジェは、殺害方法に頭を悩ませる。そんな時、チェ淑媛の親戚と名乗るヘソンという男が現れ、ヒジェはその男をそそのかし、淑媛殺害の片棒を担がせようとするが…。




張禧嬪(チャン・ヒビン)-62話-あらすじ

62話 届けられた毒薬

廃妃の復位を求める西人派の決起日がついに決まった。ハン・ジュンヒョク、イ・シフェらは山を下り、宮殿襲撃の日を待つ。ところが、その情報を事前に入手したミン・ジャンドが密かに手を打つ。一方、この決起日に合わせてチェ淑媛の殺害を企てるチャン・ヒジェは、ヘソンを使って王子懐妊に効く薬と偽った毒薬を宮中に運び込ませようとする。しかし、キム・チュンテクが陰謀のにおいを嗅ぎとってチェ淑媛の実家へ向かったが、毒薬はすでに宮中の女官に手渡されたあとだった…。




張禧嬪(チャン・ヒビン)-63話-あらすじ

63話 チュンテクの賭け

毒入りの薬が届いたにもかかわらず、チェ淑媛(スグォン)が死んだ気配はない。オクチョンは自分の目で確かめようとチェ淑媛を呼びつけ、元気な姿を見て言葉を失う。その頃、朝廷では政変を企てた西人(ソイン)派たちの尋問が行われていた。自ら捕らえられたチュンテクは、厳しい拷問に耐えながら粛宗(スクチョン)に廃妃復位の正当性を訴える機会を待っていた。粛宗が政権維持に執着する南人(ナミン)派にうんざりし、自ら尋問に乗り出すべきか悩んでいると、そこへ ヒジェの淑媛毒殺計画を暴いた上奏文が届いた…。




無料動画(ost、レンタルdvd、日本語字幕、韓国語、視聴率)


オススメ!韓流ドラマ




スポンサードリンク




公式HP