馬医-46話・47話・48話-韓国ドラマ-感想-最終回

馬医-46話・47話・48話-韓国ドラマ-感想-最終回



動画







bai-top.jpg


全体のあらすじ、キャスト、相関図などを、記事にまとめています。
気になる方はこちら


相関図


bai-Relationship-29to50.jpg




スポンサードリンク









各話あらすじ


馬医-46話-あらすじ


第46回「父への想い」 

チニョンは自らの運命を受け入れ、官庁の使用人として生きていく覚悟を決める。大妃は事実を知り衝撃を受け意識を失ってしまう。すぐに治療に当たるクァンヒョン。初めて試みる切開法で外科手術に踏み切る。手術中に大妃の脈が途絶えるのだが…。
一方、窮地に追い込まれたミョンファン。山中の民家に身を隠し、都を抜け出す手立てを探していたところへチニョンが現れる。育ててくれた父親への思いを告げるチニョン…。




馬医-47話-あらすじ


第47回「悲しき終焉」 

自ら都に戻ってきたミョンファン。すべての罪を認めた彼に死刑がくだされる。インジュはクァンヒョンから預かったトジュンの鍼箱をミョンファンに渡す。移送中に逃げ出したミョンファンはトジュンの墓を訪れトジュンの鍼を使い自ら命を絶つ。
一方、使用人に戻ったチニョン。淑徽王女を始め、顕宗や仁宣大妃も悲しむが、法は曲げられない。それでもクァンヒョンは何とかチニョンを助ける方法はないかと必死に考えるのだが…。




馬医-48話-あらすじ


第48回「愛の行方」 

クァンヒョンはチニョンの実父ペク・ソックに大きな手柄があることを思い出す。昭顕世子の殺害事件。ペク・ソックはその真相を偶然知り事件に関わった者を告発したため、逆に濡れ衣を着せられ殺されたのだ。その手柄が認められればペク・ソックの身分が上がり、娘も使用人にならずに済むだろうと、顕宗に話すクァンヒョン。
しかし、昭顕世子の事件を公にする訳にはいかない。そこで、顕宗はあることを思いつくのだが…。





あらすじまとめと管理人の感想


自分の運命を受け入れる覚悟を決めたチニョン、官庁の使用人の階位まで降格します。
大妃は驚きのあまり気を失ってしまいます。
クァンヒョンはすぐに大妃の治療に当たります。
一方で窮地に追い込まれたミョンファンは、山中の民家に潜伏して、都から逃げ出す算段を付けていました。
そこにチニョンがやってきて、自分を育ててくれたミョンファンに感謝を告げ、彼の逃亡に手を貸します。

そしてチニョンの言葉で会心したミョンファンは、宮廷で隠してきた真実の全てを洗いざらいを告白しました。
結果、ミョンファンには死刑が勧告されました。
インジュはクァンヒョンから預かった、ドンジュンの鍼箱をミョンファンに渡しました。
ミョンファンは移送中に逃げ出し、ドンジュンの墓の前で鍼を使って自ら命を絶ちます。

チニョンは使用人となってしまいますが、スッキ姫も国王も大妃も悲しみながらも、法をたがえる訳にもいかず…悩んでいました。
クァンヒョンは亡父ペック・ソックが、世子の暗殺を告発しようとしていたと話し、手柄があるのならその娘のチニョンの身柄も上がる筈だと、国王に進言します。
しかし、世子の暗殺事件を公に出す訳にはいかないと、国王は悩みます。
そして国王は決断し、チニョンを平民の位まで何とか引き上げました。


最終回まで書いていくのでお楽しみに〜




youtube動画




次話のあらすじはこちら


馬医-韓国ドラマ-49話・50話




前話のあらすじはこちら


馬医-韓国ドラマ-43話・44話・45話







スポンサードリンク









オススメ韓ドラ