【約束のない恋】7話・8話・9話 相関図 動画 感想レポート

動画




あらすじまとめと管理人の感想


末っ子ヨンジェが弱っていくのを見た大人達から、ヨンジェを養子に出すよう言われたヨンソンは、それがヨンジェのためになると信じ、身を切るような思いでヨンジェを養子に出す決心をする。
資産家の養子になれば何の不自由もなく暮らせるし、将来も保証される、兄弟にも自由に会える...
そう聞かされたてはいたが、やはり心配だったのだろう。
ヨンソンは、ヨンジェの暮らしぶりが気になり、一目見ようと出掛けた。

立派な邸宅と広々とした庭。
そこには、養母や乳母と一緒にいる笑顔のヨンジェの姿があった。
幸福そうなヨンジェの様子に、やはりこの家の子供として育てられた方が、ヨンジェにとって良いことなのだと、ヨンソンは思った。
いや、そう自分に言い聞かせたのかもしれない。
後ろ髪を引かれる思いで、ヨンソンはその場を去るのだった。
出来ることなら、兄弟が離れ離れになるのは避けてあげたかった。
ヨンジェの幸せも、兄弟と一緒にいることだと信じたい。
いつの日か、兄弟がまた一緒に暮らせるよう、それだけを願おう。

ウンスンから血の付いたハンカチを見せられ、イシルの病状が悪化していることを知ったサンナムは、子供達とイシルの接触を避けるようコン執事らに指示をする。
そうして子供達がイシルから遠ざけられる中、ヨンソンだけはイシルの食事の補助を言いつけられるのだった。
結核の治療も食事も拒むイシルだったが、ヨンソンは懸命に世話をし、その姿にイシルも少しづつヨンソンを認め始めていた。
妹弟のために学校へも通わず、イシルの世話を続けるヨンソンに、イシルの世話から外すようサンナムに願い出るウンスンだったが、国会議員になるためにはイシルの兄の力が不可欠だと考えるサンナムは、聞き入れようとはしなかった。

冷たい叔母だと思っていたウンスンが、優しさを見せてくれたことが嬉しかったが、それだけにサンナムの非道さが際立ち、腹立たしい。
そんな中、結核の治療に後ろ向きなイシルに、ヨンソンは必ず完治させてみせるからと、イシルが治療に前向きになるよう説得していた。
こうして徐々にイシルとヨンソンの関係が密になっていくのが、イシルの娘ジスクは許せなかった。
母親に近づくのを禁止され、寂しい思いをしているのだろう。
いつもそばにいるヨンソンを妬んでいるのだ。

一方、イシルを甲斐甲斐しく世話するヨンソンに、イノは好意を持ち始める。
掛かり付けの医師から、手遅れだと言われたことを知ったサンナムは、誰にも知られないよう、イシルを大病院に連れて行く。

母親が入院し、余命僅かと聞いたジスクは、もしイシルが死んでしまったらと、その心細さや悲しみを、全てヨンソンへ悪意として向けた。
妬む気持ちも、心細く思う気持ちも理解できるが、結核がうつってヨンソンも死ぬなどと口にすれば、自分の母親をも貶めることになる。
母親の余命が僅かだからこそ、もっと素直になって、イシルのためにも自分のためにも、残りの時間を大切にしなくては。
ヨンソンをいじめる時間などないはずなのだから...


最終回まで書いていくのでお楽しみに〜











promise-top.jpg




全体のあらすじキャスト、相関図などを、記事にまとめています。
気になる方はこちら




相関図


promise-Relationship.jpg




スポンサードリンク









※ネタバレ注意。あらすじを知りたくない方は読まない方が良いです※

各話あらすじ


約束のない恋-7話-あらすじ


7話

空腹のために衰弱していくヨンジェを心配する周りの大人は、ヨンジェを養子に出すことをヨンソンに勧める。
子どものできない裕福な家庭に養子に行けば、ヨンジェは何の心配もなく育ち、将来財産も手に入れられる、そして会いたい時はいつでも会えると説得され、ヨンソンは泣く泣くヨンジェを手放すことにする。
しかし、どうしてもヨンジェがどうしても心配なヨンソンはスングムの助けを借りて、ヨンジェを見に行く。
大きなお屋敷の広い庭で母親らしき人と乳母に見守られ幸せそうに笑うヨンジェを見て、ヨンソンはヨンジェのためだと涙を流しながら帰路に立つ。

ちょうどその頃、サンナムの家にはヨンジェを引き取った家から米俵が届けられるが、それを見たジョンボクは、ヨンジェを売ってもらった米だと皮肉を言う。
それを聞いたヨンナンは怒りケンカになってしまう。
足をケガしたヨンソンを見つけたスンテクは、ヨンソンをおぶって家まで送りながらヨンソンを慰め続ける。
ウンスンはサンナムが演説の練習をしているところに、イシルの血を吐いたハンカチを持っていき、結核がひどくなっているのだと伝える。
それを聞いたサンナムは自宅に飛んでいき、コン執事と行廊おばあさんに、子どもたちをイシルに近づけるなと注意する。




約束のない恋-8話-あらすじ


8話

イシルに食事を摂らせるために世話役を命じられるヨンソン。
結核の治療を諦め、食事も拒否するイシルだが、ヨンソンの熱意に徐々に心を開いていく。
ヨンソンは妹と弟のために学校に行くのも諦めてイシルの世話をするのだが、そんなヨンソンを見て、ウンスンはやめさせてほしいとサンナムに頼む。
しかし、イシルの兄の援軍を得て政界への進出をもくろむサンナムは、ウンスンの抗議に耳を貸そうとしない。

ヘビにかまれて気絶していたヨンソンは、チャンネに処置してもらったあと、しばらく眠っていたがようやく目を覚ます。
そして治療を諦めようとするイシルに、ヨンソンは絶対に諦めずに治してみせると話す。
イシルとヨンソンの絆が深まる中、母親に近づくことを禁じられたジスクは嫉妬してヨンソンを恨むようになる。
イノはイシルに一生懸命尽くすヨンソンを可愛く思う。




約束のない恋-9話-あらすじ


9話

記者にインタビューを受けるサンナムは、家庭の不和を問われるが夫婦仲は円満だと記者を前に一芝居を打つ。
そんなところにジェシクからイシルが床に伏したという連絡を受け、サンナムは家に向かう。
町医者に手の施しようがないと言われたことを知ると、サンナムは周りに気づかれぬよう、イシルをこっそり大きな病院に連れていく。
母親が病院に行ったことを知ったジスクは、行廊おばあさんからもう長くはないだろうと聞かされショックを受ける。
イシルに可愛がられていたヨンソンに嫉妬していたジスクは、母親を失うかもしれない不安をヨンソンにぶつけ、わざと壷を割ってヨンソンのせいにし、母親は帰ってこないし、ヨンソンも病気がうつって死ぬと悪態をつく。
ジスクの本心を知らないヨンソンは他人事のようにふるまうジスクに腹を立て、奇跡は起きると反論する。





次話のあらすじはこちら


約束のない恋-韓国ドラマ-10話・11話・12話



前話のあらすじはこちら


約束のない恋-韓国ドラマ-4話・5話・6話







スポンサードリンク









オススメ一覧