【約束のない恋】4話・5話・6話 相関図 動画 感想レポート

動画




あらすじまとめと管理人の感想


ある日、サンナムの自宅でウンスンが自殺を図り、サンナムは気が動転する。
帰宅したイノは、父が取り乱す様子に驚き、そのまま家を出て行ってしまった。
その様子を見ていたチャンネは、イシルに事実を告げるが、イノも全てを知る時だと、イシルは凛として言うのだった。

妻子があることを知っていて愛人になったのも、別れないのも、全てウンスン自身が決めたことだ。
それなのに、病に伏せるイシルやイノが暮らす家で自殺しようとするとは、自分勝手にもほどがある。
自分が自殺したら、ジョンボクやイノがどんなに傷つくかも考えなかったのだろうか。

気分転換に外へ出たイシル、その後に続くチャンネ。
イシルが子供の頃からそばで仕えてきたチャンネは、時が来たら自分を崖から突き落としてと懇願するイシルに、胸が張り裂けそうだった。
病弱な妻にこんな思いをさせるサンナムを、到底許すことは出来ない。
サンナムは、妻イシルがこんなことを考えていること自体、考えが及ばないはずだ。
身分が違うからと、その胸に秘め続けてきた想いをイシルに伝え、謝罪するチャンネだったが、イシルにふさわしいのはチャンネの方だと、自信を持って言える。
今この時、イシルの心にいるのは誰なのだろう。

そんな中、叔母の所在がわかったと報告を受けたヨンソンと妹弟は、新しい生活への期待に胸を弾ませながら、叔母であるウンスンの元へと旅立った。
訪ねて来た5人に、ウンスンは驚き、家の中に招き入れることもできない。
雨の中、家に入ることを許されないヨンソン達は、ずぶ濡れのまま外で立ち続けた。

その後、何とかウンスンの元で暮らすことを許されたヨンソン達だったが、5人にあてがわれたのは物置だった。
愛人の立場とはいえ、自分の姪や甥に酷いことをするなぁと思ったが、貧しい暮らしや、両親のいない生活を通して、ヨンソン達は強く頼もしく成長したのだろう...
屋根があるだけ良いと、物置で暮らすことを容易に受け入れていた。
叔母なら歓迎してくれる、優しくしてくれると思っていたはずなのに、こんな状況を恨んだり悲観しないこの子供達のたくましさに、胸を打たれた。

一方、サンナムの家に勝手に押しかけ、そのまま居ついてしまったウンスンは、姪や甥が突然現れたことで肩身の狭い思いをしていたが、その謝罪にイシルの部屋を訪ね、吐血して倒れるイシルを発見する。
それを知ったチャンネは、イシルを背中に担ぎ、病院へと急いだ。

しかし、帰宅したサンナムは、イシルが血を吐いたことを知っても、病院ではなく夜の街へと出かけてしまった...
よくそこまで出来るなと、呆れると言うより、感心してしまった。
イシルと離婚しないのは、愛情からではないことが、これでよくわかった。
イシルにとっての幸せは何なのか...イシルは何を望むのか、思いを巡らせてしまった。


最終回まで書いていくのでお楽しみに〜









promise-top.jpg




全体のあらすじキャスト、相関図などを、記事にまとめています。
気になる方はこちら




相関図


promise-Relationship.jpg





スポンサードリンク









※ネタバレ注意。あらすじを知りたくない方は読まない方が良いです※

各話あらすじ


約束のない恋-4話-あらすじ


4話

ウンスンがサンナムの家で自殺未遂を起こしたのを見て動揺するサンナム。
ちょうど家に帰ってきたイノは父親の泣き声を聞き、家を飛び出してしまう。
イノが走り去るのを見たチャンネはイシルのそのことを伝えるが、イシルは毅然とした態度で、イノも事実を知るべきだと伝える。
外の空気を吸いたいと言い出かけたイシルに、チャンネは黙ってついていく。
幼い頃からずっとイシルのそばにいたチャンネは、いつか崖から突き飛ばしてほしいというイシルの言葉に胸がしめつけられ、身分の違いのために叶わぬ思いをイシルに告げ謝る。

一方、イノはサンナムの愛人であるウンスンが家に入ってくる苦悩をスンテクに打ち明ける。
そして闘病生活を続けながら父と愛人の生活を目の辺りにすることになった母親が苦しむくらいなら早く死んでほしいとまで話す。
イノの話を聞いたスンテクは、両班だと自負する父親と家族の生活を支えるために、母親がろくに眠ることなく働き続けていることが不憫でならないと話す。

叔母が見つかったという知らせを聞いた5人兄弟は、希望に抱きながら身の回りのものを持って、ウンスンのいる所へと向かう。




約束のない恋-5話-あらすじ


5話

両親を失った5人兄弟がウンスンの所に到着するが、突然の出来事にウンスンは驚いて受け入れられずにいる。
雨脚がどんどん強まる中、家にも入れてもらえぬまま5人兄弟は、雨に打たれて立ったままウンスンを頼りひたすら待ち続けていた。

乳飲み子を背負い雨の中で立つヨンソンを不憫に思ったスンテクは、兄弟を家に入れてあげようと父親に申し出るが、他人のことに口を挟まず勉強をしろと厳しく注意されてしまう。

しかし、スンテクの話を聞いた父親はイノの家族の手前、家に上げることはできないが、軒下で雨宿りすることくらいは…、と言葉を濁し、受け入れることを暗に承諾する。
2人は喜んで兄弟を迎えに行くが、そこにはもう兄弟の姿はなかった。

物置に入れられた5人は雨に打たれるよりはマシだと言いながら、荷物を下ろす。
頼りの叔母に冷たくあしらわれ、5人はお先真っ暗だったが、ちょうどそこにタンシルが現れ驚かされる。
しかし心優しいタンシルが酒かすを分けてくれたおかげで腹ごしらえができ、何とか生き延びる。




約束のない恋-6話-あらすじ


6話

ヨンドゥが突然意識を失ったため驚いた4人はすぐにチャンネに助けを求めるのだが、ヨンスクの証言でヨンドゥが殺鼠剤を飲んでしまったことが分かる。
幸いに一命は取り留めるのだが、行廊おばあさんに、ウンスンが家に来たためにろくなことがないと嫌みを言われる。

サンナムの愛人として強引に家に転がり込んだウンスンは、突然兄の子どもたちに押しかけてこられ、立場がなくなってしまうが、イシルにお詫びに行ったところ、イシルが血を吐いて倒れているのを見つける。
知らせを受けたチャンネはイシルを背負い医者の所に走る。

学校から帰ってきて話を聞いたイノはイシルの部屋に行き、母親の部屋をあさっていたウンソンを見て腹を立て罵声を浴びせる。
家に帰ってきたサンナムは、イシルが倒れたことを聞いても病院には行かず、妓房に遊びに行ってしまう。





次話のあらすじはこちら


約束のない恋-韓国ドラマ-7話・8話・9話



前話のあらすじはこちら


約束のない恋-韓国ドラマ-1話・2話・3話







スポンサードリンク









オススメ一覧