【約束のない恋】1話・2話・3話 相関図 動画 感想レポート

動画




あらすじまとめと管理人の感想


1960年代、日々の暮らしが苦しくても、本当の豊かさとは何かを人々がまだ知っていた時代...
まだ小さな妹や弟の世話をしながら、ヨンソンは共に働く両親の帰宅を待っていた。

一方、資産家イ家の息子サンナムは、病弱な妻イシルと2人の子供がいながら、ウンスンという愛人を作り、子供も設けていた。
妻子がいて、それも妻は病弱だと言うのに、愛人や子供がいるサンナム。
これだけでもどんな人物かわかるが、さらに酷いことにこのサンナム、ウンスンがどんなに頼んでも、息子ジョンボクの認知を拒み続けていた。

ある日、ヨンソンの父は区長からの依頼を受け、荒れる海の中、船を出すことになってしまった。
嫌な予感が頭をよぎり、ヨンソンの母も夫を追って、荒天の中、海へと向かった。
激しい風雨に怯えながら、父や母が戻って来るのをじっと待つ子供達。

どんなに不安で、どんなに怖い思いをしたか、考えただけで胸が痛む。
そんな子供達のためにも、何事もなく両親には帰って来て欲しかったのだが...
海沿いで発見され、自宅に運び込まれたヨンソンの母は、吐血後「お父さんは絶対に帰ってくるから」と子供達に伝えると、そのまま息を引き取ったのだった。

倒れた母を心配しながらも、ヨンソン達は母が亡くなることなど想像もしていなかったと思う。
父親も戻らない中、この子供達はどうやって生きていくのだろう...

没落した両班の家の息子スンテクは、働きづくめの母親を気遣い、全寮制の学校に進みたいと母親に話すが、スンテクの大学進学が父親の夢だからと、取り合ってもらえなかった。
スンテクはサンナムの息子イノとは親友で、家庭教師つきのイノがどんなに頑張っても勝てないほど、頭が良かった。

だから余計に父親の期待も大きいだろうし、スンテク自身が父親の夢でもあるのだろう。
確かに勉強は大切だが、こうして母親を思いやる心も、人としてとても大切なものだ。
スンテクは勉強もできるが、心も豊かに育った、思いやりのある少年だと感心してしまった。

その後父親の遺体も発見され、両親を失ったヨンソンは、毎日の食事さえ困難な中、ヨンナンと共にどうにかして食べ物を得ようと、市場へ出かけた。
そして、市場内の店から出た廃棄物を持ち帰り、調理したのだが、なんとそれはフグのあらだったのだ。
食べる直前に区長が現れたことで、大事には至らずに済んだが、親もなく、空腹と貧しさに耐える子供達の様子に、区長夫妻は心を痛めた。

これには管理人も言葉を失った。
ヨンソン達がこんな状況なのに、手を差し伸べる人間が1人も現れないほど、村は貧しさと飢えに苦しんでいるのか...
親のない子供が生きていくには、あまりにも過酷で困難な時代なのだと、思い知らされたのだった。

そんな中、サンナムは国会議員の候補者演説を行っていた。
掲げたスローガンは密輸の根絶で、多くの人から支持を集めたが、裏ではサンナム本人が密輸に関わっていた。


最終回まで書いていくのでお楽しみに〜








promise-top.jpg




全体のあらすじキャスト、相関図などを、記事にまとめています。
気になる方はこちら




相関図


promise-Relationship.jpg





スポンサードリンク









※ネタバレ注意。あらすじを知りたくない方は読まない方が良いです※

各話あらすじ


約束のない恋-1話-あらすじ


1話

貧しくても心だけは豊かだった懐かしい時代。
洞窟の中でヨンナン、ヨンドゥ、ヨンスク、ヨンジェが長女ヨンソンの話に耳を傾けている。
漁師の父と干潟で働く母親の帰りを待ちながら、ヨンソンは毎日、幼い妹と弟の面倒を見ている。

一方、裕福な家の道楽息子イ・サンナムには、体の弱い正妻イシルとの間に2人の子どもがいるが、ウンスンとの間にジョンボクという婚外子までいる。
だが何かにつけて言い訳をしてはジョンボクを認知しないサンナム。
それでもウンスンはサンナムに献身的に尽くそうとする。

居酒屋を営みながら生計を立て、サンナムとの関係を断ち切ろうとしないウンスンを見て、ウンスンの兄は店を閉めて一緒に暮らすことを提案するが、ウンスンはほっといてくれと兄を冷たく突き放す。
ウンスンとの話し合いがうまくいかず、兄は5人の子どもたちの待つ家へと帰る。

サンナムの息子イノは親友のスンテクといつも一緒。
スンテクは勉強ができていつも学校で表彰されるが、家庭教師をつけているイノはスンテクにいつも負けてしまう。




約束のない恋-2話-あらすじ


2話

悪天候の中、区長の頼みを受けて海に出たヨンソンの父。
ヨンソンの母はいつもと違う様子に夫が心配で様子を見に行く。
恐怖に包まれながらも寄り添いながら両親の帰りを待つ子どもたち。
海辺に倒れていたのを発見され家に運ばれたヨンソンの母。
しかし、ヨンソンの母は血を吐き、お父さんは必ず帰ってくると言い残し、子どもたちの見守る中、あっけなく亡くなってしまう。

落ちぶれた両班の家の息子スンテクは、市場で餅を売り、よその家の洗濯物まで引き受けてきて洗う母親を見て胸を痛める。
苦労する母親を見ていられないスンテクは鉄道学校に進学すれば寮に入って勉強ができると話すが、スンテクを大学に行かせるのが夢だと言っている父親のためにもそんな話はするなと一蹴する。

区長と村人たちはヨンナンの服に血が染まっているのを見て驚き、家に駆けつける。
ヨンソンの母親の死を悲しむ村人のところへ、今度はヨンソンの父の遺体が打ち上げられたという知らせが届く。




約束のない恋-3話-あらすじ


3話

両親を亡くし、日々食べるのも大変な中、ある日、ヨンソンとヨンナンは何とか食糧を手に入れようと市場に行く。
鮮魚店が捨てた魚の内臓を拾ってきて煮て食べようとしていたヨンソンの兄弟。
しかし、それはフグのアラだった。
ちょうど子どもたちの様子を見に来た区長が見つけて、間一髪のところで事なきを得るのだが、飢えに苦しむ子どもたちを見て区長夫婦は胸を痛める。
村全体が飢きんで食糧が尽き、区長夫婦も飢えに苦しむヨンソン兄弟を助けられず悲しむ。

国会議員を目指すサンナムは密輸に関わりながら、表向きは密輸の絶滅をスローガンに演説を行い人々から支援を得る。
ウンスンはサンナムにジョンボクを認知しなければ、家に押しかけて一緒に住むと詰め寄るが、サンナムは受け入れる気がなく、ウンスンの機嫌を取りにいく。

イシルの病が悪化するのを使用人のチャンネはやるせない思いで見守るのだが・・・。





次話のあらすじはこちら


約束のない恋-韓国ドラマ-4話・5話・6話








スポンサードリンク









オススメ一覧