韓国ドラマ-ホジュン~宮廷医官への道〜-7話〜9話-感想-最終回

韓国ドラマ-ホジュン~宮廷医官への道〜-7話〜9話-感想-最終回



1-3.jpg

概要
話数:全64話
放送局:KNTV
放送開始:2016年11月18日
出演:イ・スンジェ、チョン・グァンリョルほか


あらすじ
ホ・ジュンは、幼い頃から不遇な家庭環境で育った。
理由は、郡の長官の子供として生を受けたが、母親が、身分低い地位だったことにある。
そんな環境だったことが一因となって、ホ・ジュンは、知識の豊富さと勇気で、注目を集めていた。
が、自分の境遇を不満に思い、大酒をくらい酒に飲まれたり、女に耽溺する、密貿易行うなど、堕落した毎日を送っていた。

しかし、そんなホ・ジュンは、ダヒと巡り合い劇的に変化し、二人は互いに惹かれ合った。
ダヒには、反乱者として逃亡中という秘密があった…
その秘密が明らかになり、ホ・ジュンは、ダヒと彼女の父に協力した罪で、生まれ育った街を追い出されてしまう…

様々な土地を巡り、辿り着いた山奥で、ユ・ウィテと出会った。
ユ・ウィテは、清らかな心を持ち、裕福でない人たちに治療を行っていた。
その姿を見て、ホ・ジュンは今までの自分の人生をはじ、自分の力を捧げるにふさわしい物を見つける。
それからの、ホ・ジュンの死に物狂いの努力は凄まじかった。

やっとの思いで、医師のスタートラインにたった、ホ・ジュン。
しかし、その後の道のりも険しいものだった。
病院で、未来の好敵手ドジや、女医イェジンら、同期からいびられる辛酸を舐める日々が続く…

必死の思いで、医術の道にしがみ付くホ・ジュンは、ダヒと運命ともいえる再会をする。
ダヒと結婚し、今まで以上のパワーで、医療を極めたいホ・ジュンの元に、更なる試練が訪れる…
数々の試練を乗り越えて、名医となった男の生き様を描く長編時代劇。


2.jpg




スポンサードリンク









ホジュンファミリー来日 記者会見


キャスト
チョン・グァンリョル【ホ・ジュン役】
3.jpg


俳優になった後も長い下積み時代を過ごす。
1999年『青春の罠』で演技に注目が集まり、ホジュン役で主役に抜擢され一躍有名に。
柔らかい演技に定評がある。

出演作
『イヴのすべて』
『獄中花』
『ペク・ドンス』



ホン・チュンミン【イ・ダヒ役】
4.jpg


MBC公開採用タレントとしてデビュー。
色々なCMやモデルとしてマルチに活動。
09年の結婚後は活動を休業している。

出演作
『君に出会ってから』
『フンブの家が大騒ぎ』
『それでも好き』


各話あらすじ
ホジュン~宮廷医官への道〜-7話-あらすじ
≪第7話≫ジュンに会ってはいけません
ク・イルソから自分を探す人間がいると聞き、不吉な予感がするホ・ジュンだが、身を隠せという忠告は聞き入れず、ユ医院の仕事を続ける。
ドジの推薦で薬草採りになり、仲間たちと一緒に山に入るが、彼をうとましく思う仲間にはめられ、山中で道に迷ってしまう。
数日間、さまよった後、空腹のあまり採った薬草を食べて気を失ってしまうホ・ジュン。
気がついた時には目の前にライ病患者(ハンセン病患者)がおり、恐怖におびえていると、そんな彼を叱責する声が聞こえて来た。
見ると、そこにはサムジョク大師がいた。一方、イェジンの親身な診療で気力を取り戻したダヒだが、まだしばらく療養を言い渡される。
そんなダヒのため、1人ホ・ジュンを探し回るヤンテは、ユ医院でホ・ジュンの母を見かけ、喜んで駆け寄っていく。
ホ・ジュンを探して山陰まで来たというダヒの話を聞き、ホ・ジュンの母は心痛な面持ちでダヒに会いに行くが――。



ホジュン~宮廷医官への道〜-8話-あらすじ
≪第8話≫あなたの運命は私の運命
イェジンに教えられ、ホ・ジュンに会うことなく山陰を去ろうとするダヒと、寸前のところで再会を果たしたホ・ジュン。
2人の思いを確かめ合い、母に結婚の許しを乞うが、2人の将来に待ち受ける苦しみが痛いほどわかる母は決して許そうとしない。
しかし、2人の思い、そして自分が歩んできた道を振り返り、ついにダヒを迎え入れる覚悟を決めるのだった。
ささやかながら結婚式を挙げ、ダヒとヤンテという心強い家族を迎えたホ・ジュンは、医院での仕事に一層精を出す。
ところが、そんなホ・ジュンの決意を試すかのように、新たな事件がホ・ジュンを襲う。
治療を受けに来た患者の保護者が、ホ・ジュンが患者から金をせびり取っていると騒ぎだしたのだ。
いくら誤解と訴えても聞き入れてもらえず、ユ・ウィテにも疑われたまま、ホ・ジュンはまた水汲みに戻されてしまった。



ホジュン~宮廷医官への道〜-9話-あらすじ
≪第9話≫もう一人の師匠
ク・イルソの家から空家を見つけて引っ越したホ・ジュン一家。
ホ・ジュンがいればどんな苦労も耐えられるというダヒのためにも優れた名医になることを改めて心に誓う。
しかし、そんなホ・ジュンの決意を試すかのように新たな事件がホ・ジュンを襲う。
患者の家族がホ・ジュンに金を要求されたと騒ぎだしたのだ。誤解と訴えても認めてもらず、結局、水汲みに逆戻りとなり、病舎への出入りも禁じられてしまう。
一方、ヤンテを連れて山に狩りに出かけたク・イルソは、ワナにかかった動物が見事な刃物さばきで解体されているのを発見する。
驚いたク・イルソは途中で出会ったホ・ジュンと手分けして探し始め、やがてホ・ジュンの目の前に一人の怪しい人物が現れる。
正体を突き止めようと、あとをつけて行くホ・ジュンが目にしたのは――。



管理人の感想
イルソからヤンテとダヒのことを怪しいものが訪ねて来たとホジュンは聞かされる。
隠れることを勧められるが、ホジュンは普通に仕事をしていた。
ある日ホジュンは薬草取りに行き、仲間にはめられて帰れなくなってしまう。
一方で、ホジュンはいないと諦めて帰ろうとしていたダヒは、薬草取りから帰って来たホジュンと再会することが出来、母に結婚の許しを請う。
そうして無事、結婚出来たホジュンとダヒ。
ダヒのためにも一生懸命働くホジュンだが、今度は患者からお金を要求されたと言われてしまい…

まずはダヒと再会出来て良かったです。
あのまま会えずにすれ違うのかと思いましたが、会えて安心しました。
身分の違いも結構あっさりとクリアして結婚まで出来ましたね。
旦那を支えると誓ったダヒも、ダヒのためにも名医になろうと頑張るホジュンは、最初の頃に比べると変わりました。
相変わらず、ウィテの奥さんは意地悪で、ダヒやホジュンの母をお手伝いのように使っているのには腹立たしいですが、それに耐えるダヒやホジュンの母は素晴らしいですね。
息子のドジはその母のせいでイェジンと結婚出来ずなので、科挙に落ちた次は結婚まで反対されるのかと不運続きで可哀想です。
ホジュンにはまだまだ試練が続きそうですが、ダヒと結婚出来たことで、更に頑張れるのではないでしょうか。

最終回まで書いていくのでお楽しみに〜


前話のあらすじはこちら
韓国ドラマ-ホジュン~宮廷医官への道〜-4話~6話のあらすじ

次話のあらすじはこちら
韓国ドラマ-ホジュン~宮廷医官への道〜-10話~12話のあらすじ

【期間限定】第1話無料視聴(日本語吹替版)









スポンサードリンク